人気ブログランキング |

カテゴリ:ラジコン( 307 )

GOPRO HERO4 BLACK


今回製作のクワットドローンに取り付けの
カメラの設定のお勉強.


操作ボタン3個なので階層ツリーが理解できてないと
設定がおぼつきません
解像度上げればいいってモノでもなくハングアップしてしまいますので
それなりの解像度5M程度で撮影しましょう
a0280584_14095877.jpg


by tanabatahiko | 2019-02-09 19:08 | ラジコン | Trackback | Comments(0)

ラジコン操縦士登録証

今回6回目の更新です
ドローンの飛行許可申請には、保険加入が必要ですので

a0280584_07122138.jpg

by tanabatahiko | 2018-12-04 07:52 | ラジコン | Trackback | Comments(1)
送信機の付いてる表示レバー位置を示しますがあまり意味がありません
中央ですので50㌫となってます
a0280584_07164614.jpg
付属のUSBコードで充電

a0280584_07165317.jpg


マイクロSDは楕円カメラの前側に差し込んであります (4GB)付属してます

カメラからの画像を受信機に取り付けしたモニターに送信
するのですが電波は5.8ギガヘルツで送信とあります。

 ドローンの操縦は2.4ギガヘルツ電波です。電波を区別しているのは
 両方2.4GHで行なう事も出来ますが誤動作と画像の転送速度が遅い問題が有ります
 (このような安いドローンの場合ですが)

 日本では2.4GHはだれもが免許不要で使用できます(ラジコンはこの電波)
 5.8GH電波の使用は免許取得し開局して、送信機の型式認定が必要となります。

ETCゲートでの電波を車から出しておりますが、これも5.8GH電波ですが免許は不要ですね。
 非常に弱い電波のためと思います。ホビー用に国の法律も少し緩和の方向みたいですがまだ先?
 海外はOKなのですが
 
 
 
 
 

a0280584_07170672.jpg
このドローンの始動方法
送信機のスイッチを入れる時に都度ドローンとコンバインする動作が必要です。(現状この操作で動いた)
1.送信機の左肩にある撮影ボタンを押しながら送信機スイッチを入れる(写真ではピンク色に変わってます)
2.ピーと音がします
3.ドローンのスイッチを入れ水平に置く
4.1モード、2モードと有りますが 1モード(スロットル操作右側)の場合右レバーを上に上げて
 音がしたら下に下げ音がします
5.この状態でつながりました スイッチ下のボタンを押すとアイドル回転します もう一度押すと止まります
 押してアイドル状態から右スチックを中央から上げていくとホバリングします
 宙返り 前転、 側転、後転ボタンが有ります。



by tanabatahiko | 2018-11-10 07:19 | ラジコン | Trackback | Comments(0)

お久ぶり
ドローンネタです
中華製

a0280584_07160889.jpg


手帳まで付いてきました


a0280584_07161313.jpg
付属品 これにプロペラガードが2枚
USBはモニターと、動力用の 充電用
キャップ付きのUSBはマイクロSDカードを差込して
パソコンで摂った動画、写真が見れます

a0280584_07162297.jpg


取り説は日本語です
まったくドローンを飛ばした事の無い人でも
オールインワンなので問題有りません

a0280584_07161894.jpg


200g以下(160g程度)でした
日本の航空法に抵触しませんので飛行許可は不要で
撮影ビデオ、スチール写真が撮れます

a0280584_07164214.jpg



by tanabatahiko | 2018-11-09 07:14 | ラジコン | Trackback | Comments(0)

ドローンの安定性


右回転のプロペラはモーター軸を右に3度寝かせて


a0280584_15070369.jpg

a0280584_15070700.jpg

左回転のプロペラはモーター軸を左に3度寝かせて
安定が増す???

a0280584_20193849.jpg

by tanabatahiko | 2018-08-18 18:08 | ラジコン | Trackback | Comments(0)

ドローンからの画像を手元に転送する送受信機で
5.8G電波仕様です。
海外では何の問題も無く使用できますが
国内では電波法の制約があり
アマ無線4級以上と開局許可を取り機器の認証を
受けなければ
使用できない事となっております。
すでに3台同型で認証許可を受けておりますので予備品として購入
送信機出力は600mWです。
a0280584_07282368.jpg
a0280584_07283654.jpg


by tanabatahiko | 2018-08-09 07:36 | ラジコン | Trackback | Comments(0)
TAROT680抜群の安定性6枚ペラ
軽量化してからの試験飛行時に電圧を表示していません
飛行は安定して問題なく
この表示が出ないのは電池切れ墜落の危険大です

a0280584_07450843.jpg

他の表示はOKで、電圧だけ表示しません

a0280584_07451720.jpg


iOSDminiが駄目になったと思いIOSDに交換
同じ現象です???

a0280584_07452563.jpg

しかたなくNAZAM本体の問題?

a0280584_07453692.jpg

判りましたPMUからNAZAMのスロットX3に行くべきコネクターが
間違って別のスロットに:::::

a0280584_07453378.jpg

復旧101.png

a0280584_07454105.jpg

画像もきちんと送ってきました
少し最近初歩的ポカが多くなってきました
IOSDの手配が無駄になりました

a0280584_07454330.jpg


by tanabatahiko | 2018-08-08 07:43 | ラジコン | Trackback | Comments(0)
TAROT680ドローンの機体をプチ改造です

a0280584_13012973.jpg
ベース板にはプリント基盤の配線が埋め込まれています。
プラス、マイナスのハンダ着け位置が記載されて利用できますが、
注意したい点として基盤の表側と裏側にそれぞれにプラス、とマイナスがあり
ますので貫通する穴を開けてビス止めした場合基盤に位置によっては
ショートする場合があります
下の写真星印4箇所は穴を後加工しましたが内2個は板の上下
に配線が埋まっておりボルト止めするとショートします
それでプリント基盤を利用しない配線で作ってましたが、
プリント基盤を利用する事で配線が短く大変楽になります
バッテリーをお腹に抱く方法からベース上に空いたスペース
を作り取り付けたくて改造に着手、ナイロンスリングで固定

a0280584_12325285.jpg
裏側はFPV送信機 脚は開閉式
a0280584_07283044.jpg
上側にバッテリースペースを作りました
カバーを含めると200g以上軽く仕上がりました

a0280584_07283570.jpg






by tanabatahiko | 2018-07-31 08:31 | ラジコン | Trackback | Comments(0)

FANTOM2 FPV(画面で操縦)

ファントム2中身にFPVが出来るように
ISOminiと送信機を追加(もちろん開局申請済み)
を追加で取り付けました

a0280584_07134666.jpg
カメラはGOPROを固定で取り付け
写真ビデオ撮影も
試運転しましたがちょっと不安定でした。

a0280584_07454202.jpg

a0280584_07215111.jpg

goproからは映像のみ取り込みますので電源側がどれか確認

a0280584_07215898.jpg

a0280584_07394494.jpg

a0280584_07451835.jpg


a0280584_07400271.jpg


by tanabatahiko | 2018-07-30 07:28 | ラジコン | Trackback | Comments(0)
USBコネクターは「タイプC」や
「マイクロB」になっており,
いまさらですが「ミニB」コネクターの採用は
「Gopro4」までです
a0280584_07305630.jpg
ファントム3のジンバルに取り付けるへGoproブラックを追加
a0280584_07324586.jpg
防水ケースは進化、開けやすくなってます


a0280584_14592619.jpg
a0280584_07325775.jpg
従来のジンバルに「取り付け可能なUSBコネクタがMini Bである事
と外形が変わらないことが条件ですので「4」

このタイプからバッテリーが裏蓋から下に変更
となり少し容量が大きくなってます

a0280584_15000849.jpg
進化としては、4K撮影とか出来ますが、
残念ですが家にはそれを映すテレビはありません

a0280584_07332330.jpg





by tanabatahiko | 2018-07-28 07:31 | ラジコン | Trackback | Comments(0)