ドローンで農薬散布 TAROT X8の製作(8)送信機とコンバイン

A2の仮搭載(写真下が前方向です)
両面テープで仮置きして配線の具合を見ます
慣性計測ユニットIMUは中央(コードが出てる方が→前方)として
V2と違い位置を設定して中央でなくても設置可能です位置を覚えさせないといけないのは
これとGPSコンパス位置(これはV2と同じ)、振動が一番出ない中央部が推奨

パワーマネージメントユニット左 
親電源から受信機用として5V3Aの電源をコントロールユニットに供給します

コントローラユニット 斜め向きに設置している物(受信機内臓)ひげが2本(アンテナ)
リンクボタンは長円形に見える黒い穴押しボタンスイッチが中にあります 黒い丸は受信状態でグリーンランプ点灯
脚の開閉ユニットは下の段に居ります

a0280584_07222749.jpg
A2にはフタバ送信機とFASSTでマルチモードで同調する受信機を内臓
モーターからのBEC配線コード8本は付属していませんでした 8本必要です

コンバイン方法
①送信機の電源をいれる
②フライトコントロールシステム受信機の電源を接続。
リンクボタンを2秒押し続けてLEDが赤く光るまで待つ
離すと成功していればLEDは緑に変わる 完了

a0280584_14511673.jpg
a0280584_14493894.jpg
パソコンにソフトを入れる方法は記載していませんが
初めてであるとメールアドレスを聞いてきますのでその設定から必要です
NAZA-MV2などで一度入手されておれば不要です
a0280584_07245568.jpg
リンクが済んでパソコンと接続し左下グリーンと青が点灯すれば設定ができます
ネットの通信状態でつながるまで数十秒かかる事もあります
a0280584_14541295.jpg
何はともあれパソコン上で設定ができる状態にであるグリーン、青の
ランプが点灯確認まずは安心です
全体画面で
チャンネルのマップが出ますので右下のマークを押せば出ます
送信機のキャリブレーション設定はこの画面にあります
a0280584_07155799.jpg
初期設定されている項目は
1chA 2chE 3chT 4chR 7chUそれぞれREVリバース設定がありますので、送信機側でするか こちらでするかどっちでもできます動きを見て
逆にならないように ラダーとエルロンは右ステックで右へカーソルが移動 スロットル、エレベータはスチックアップで右へカーソルが移動でOK逆ならリバースにチェックを入れる
左右は左右、 下は左上は右です
あと5ch GOHOOMEのチャンネルが振り分けてあります
D1~D4は自由に設定できます。噴霧器のON・OFFなど私は8-11chを設定


a0280584_07140492.jpg

7ch Uは送信機のSEファンクションでヘリと同様一番奥ノーマル=GPS 手前引いてアイドルアップ1(ATTI)手前に引いてアイドルアップ2(ファールセーフ 又はATTIなど)
その位置に止めるための 7chのエンドポイントを100から下げてちょうど青帯を示す位置にする必要があります


a0280584_07304896.jpg

a0280584_07321589.jpg

受信機のタイプはDR16が内臓受信機になりますのでここをポチ
中央は変更できません
a0280584_07220618.jpg


a0280584_07324534.jpg






[PR]
Commented by bxhhg935 at 2016-11-18 05:42
もう完成ですか(^-^)
見学ツアーに参加希望します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tanabatahiko | 2016-11-17 07:55 | ドローンで農薬散布 | Comments(1)